広島の牡蠣小屋をふらっと訪問。やっぱり美味。

良く晴れた休日、無性に牡蠣が食べたく、広島の宮島付近にある有名なカキ小屋に行く予定を立てた。

一人で行くのは少し寂しいので、友達を急遽3人誘った。そのうち1人は牡蠣が嫌いであったが、その子が車を持っていることもあり、牡蠣以外を食べればいいというよくわからない理論を突きつけ、車出ししてもらった。10時から営業しており、カキ小屋に到着したのは約13時ごろ。一波過ぎた後だろうと想定していたが、そこには長蛇の列ができており、結局入るまで30分程度並んだ。

牡蠣食べ放題という時間無制限にもかかわらず、意外とお店の巡回が早くて驚いた。貝類だからと言ってぺろりと食べれそうではあるが、味に飽きてしまうのか、牡蠣に当たるのを恐れている人も多いのか、そこまで長居する人はいないようだ。牡蠣1キロで1500円。1キロは大体10個程度だろうか。

すべて焼き牡蠣にして食し、4人で2キロ頼んだ。やはり牡蠣だけでは飽きてしまうこと恐れ、牡蠣飯やソーセージ、野菜、エビやホタテなどの魚介も注文した。ビールや酎ハイも一緒に注文したが、一人3000円もいかず、おなか一杯に。コスパを考えてみても、非常に良い。旬でおいしいものを、安くたくさん食べれる幸せ。この季節ならではなので、是非皆さんにも訪れてもらいたい。即日融資 ランキング