2歳G1牝馬の王者が決定して競馬三昧の日々です

本日は香港でもG1があり、日本で出走している馬達が海外でもG1に挑戦しています。しかし前半のマイルとスプリントではいずれも香港の馬に負けて、惜しい競馬で残念な結果となっています。それと同時刻に日本の2歳の牝馬の頂点を決めるG1が開催されました。一番人気のダノンファンタジーがそのまま人気通りの走りを見せつけて勝利を収めました。G1をキャリア3戦で獲得したとなれば、来年のクラシックにまた素晴らしい馬が出てきたと期待をしてしまいます。今年はこのレースには出走しなかったアーモンドアイが3歳の勢いでクラシック3冠を制覇しました。牝馬は成長力も早く素晴らしい牝馬が日本で多く生まれます。当然今回のダノンファンタジーもクラシック候補で今回のメンバーでは頭一つ上の存在だと感じます。来週はそのダノンファンタジーに新馬戦で勝った馬が牡馬相手にG1レースに出走します。当然出てくるからには勝算があるのでしょうしますます期待が持てます。ベルタ葉酸 口コミ