過去のことに捉われすぎずにまえに進まなくては

いままで過去のことをぐじぐじと引き摺ることが多かったのですが、最近になって少し前向きになってきた気がします。
何か考えを変えるようなことがあったわけではなく、いつの間にか自然と吹っ切れたような感じです。
過去の失敗をああだこうだと考えてみたり、「あのときこうしていればな〜」なんてタラレバは、基本的に考えるだけ無駄だと思います。
それから自分自身の体裁がとか見栄にとらわれていたような気もするが、今となってはどうでもいいような感じさえします。
そんなに他人は自分のことを見ていないし、そこまで他人の視線を気にするのも無駄なのです。
そんな風に思うようになって、なるようにしかならないし、やりたいことを素直にやるようになってきました。
「後悔先に立たず」と言ったりしますが、まさにその通りなのかもななんて思い始めています。
しかし、過去の失敗や後悔というのがまったく役に立たないわけではなくて、もちろんきちんと反省すべき点はあります。
失敗の原因を考えなければ、同じ失敗を何度も繰り返してしまうことになりますよね。ミュゼ 100円 キャンペーン

会社から車を負担してもらい、生活の幅が大きく広がりました。

会社から車を支給されて私の家族の生活範囲や潤い度は大きく増しました。
少しどっか行くのも車です。夏の暑い日や冬の寒い日、雨の日はまず、外に行く段階で心が折れてしまいます。
それはちょっとスーパーやコンビニに行く場合でもです。
それが車があれば出掛ける敷居が低くなるのです。
子供も小さいので電車や自転車だと途中で寝てしまう場合に親に負担が大きくかかります。
抱っこしていても重たくて自宅に戻る頃にはくたくたです。
車の場合はそんな事はありません。
基本、目的地まで座ったまま移動する事が出来るのです。
又、遠くに行くのも手軽になりました。大きな重い買い物も出来る様になりました。
自転車のかごのサイズだけの買い物に終始しなくてもいいのです。
車は何年も前の軽自動車です。走行距離も結構な数値になっています。
そんな車でも無料であてがわれて、保険にも入ってもらい駐車場も負担してもらっているので有り難い限りです。
いつまで今の職場にいるか分かりませんが、恩恵を受けられる時にはしっかり活用させてもらおうと思っています。